【腱板損傷】

回旋筋腱板(rotator cuff)は棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋肉で構成され、肩関節の補助筋、インナーマッスルとして、肩関節の安定を担っている。

特に棘上筋は最も損傷を受けやすく、上肢の下垂位でのストレスや、姿勢が悪いなどによる不調和な外転運動繰り返しによる肩峰下、烏口肩峰靭帯などとの衝突(インピンジメントimpingement)による炎症が多い。

また、この筋は大結節で停止をし、その停止部より近位約2センチの部位の棘上筋出口(critical area)は血行が非常に乏しく、石灰沈着などの腱の変性が起こりやすい。

加齢とともに約40歳以降で退行性変性を生じやすい(通称:四十肩、五十肩)

[分類]
・完全断裂
・部分断裂(滑液包断裂•腱内断裂•関節面断裂)
・変性に伴う炎症(肩関節周囲炎)

[発生]
・肩の打撲、手を着いた際の大結節と肩峰部の衝突、投球動作などの繰り返し(加速期での肩峰impingement)やover use.
・肩外転時の急な伸展(電車のつり革につかまっている時のブレーキなど)
・1回でも断裂があれば、繰り返しによる炎症が進行して断裂することが多い

[症状]
・受傷時は数時間で軽減。後、上肢の重みで断裂部が離開、伸展するため、翌日などに激痛になりやすい。
・石灰沈着やアパタイト結晶は初期に夜間の急性症状を呈する
・40~60代の女性に多い
・急性期にマッサージや無理な運動療法は禁忌
・屈曲痛や外転約60°~120°の間で特に疼痛が強い(painful arc sing 有痛弧)
・肩峰前縁部で関節雑音が生じる(crepitus)
・断裂時は内旋&前方挙上で肩峰部に上腕長軸圧の激痛(impingement sign)
・外転位保持不能(drop arm sign)
・完全断裂時は関節包断裂も合併する
・肩90°屈曲や外転時に上腕の外旋、内旋痛がある
・大結節部、三角筋前部線維や中央線維部圧痛、肩関節伸展時に肩峰下に圧痛
・夜間痛、慢性的な炎症は冷え、血行不良により就寝中に増強
・長期の炎症では、筋萎縮による筋力低下

[治療]
・小断裂、部分断裂….三角巾(上腕骨を吊らないと棘上筋が休まないため)+初期は冷罨法~随時温罨法
・完全断裂…外転位固定が望ましい。治療長期困難、萎縮・拘縮強なら観血。
・肩甲骨周囲筋力強化、可動域訓練(外転、外旋、内旋など)

This entry was posted in 美容と健康のコラム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.